消費者金融で必要な書類は銀行と同じですか?

消費者金融からお金を借りようと今考えています。昔は銀行のカードローンを持っていたのですが、地銀のカードローンだった為に引っ越しと同時に使いにくくなり、解約する事にしました。だからどんな地方でも展開している有名な消費者金融のカードローンを今作りたいのですが、ちょっとお聞きしてもよいですか?

消費者金融でカードローンを作る場合に必要な書類って、銀行と同じでしょうか?銀行には申し込んだ事があるのである程度自信がありますが、消費者金融は何せ初めて使うものですから、どんな違いがあるのか分かっていません。お金を借りるのなら皆同じ…と思っていたのですが、銀行と違って消費者金融には貸金業法というルールがあると聞きました。

消費者金融と銀行、この二つで必要書類に差はあるのでしょうか?無駄を無くした申し込みをしたいと考えておりますので、違いなどがあれば教えていただけませんか?

カードローンならば大きな違いはありません

同じカードローンであっても銀行と消費者金融ではルールが違う部分もあり、それゆえに使い勝手でも異なる事はあります。ただ、それでも実際にカードローンでお金を引く時はほぼ同じですから、申し込みでも何か変わっているのかが気になるんですよね。

でも、必要書類に関しては、特に違いはありませんでしたね。私はかつて銀行と消費者金融のカードローンをそれぞれ一枚ずつ持っていて、今は銀行のカードローンを一枚だけ持つようにしています。銀行の方が金利が安いからという安直な理由でした。話が逸れそうですが、申し込み書類での違いですね。

銀行でも消費者金融でも、提出した書類と言えば申込用紙と身分証明書のコピーだけでして、他に何か要求された事はありませんでした。だから、とりあえず身分証明のコピーだけを取っておくようにしておけば、それでもう銀行でも消費者金融でも申し込めると思いますよ。申込用紙に記入する際に印鑑を押すくらいですかね?

ただ、私は50万の限度額があれば事足りたので必要無かったのですが、100万以上の限度額を希望する場合、収入証明になる書類も必要になるみたいです。たくさん借りるには手間も多くかかるというわけですが、それでも提出書類が一枚増えるだけなので、凄く大変というわけでは無さそうですね。(カードローン審査緩い会社はなかなかありません。)

今回説明した必要書類は消費者金融でも銀行でも当てはまりますので、それを踏まえて用意をしておくとすぐに作れるかもしれませんね。

消費者金融のキャッシング申込みに必要書類は

消費者金融のキャッシングカードローン申込みするときに、提出する必要書類は、原則本人確認書類が1点あれば申込みをすることができます。本人確認書類として採用される書類には、運転免許証、保険証、パスポート、住民基本台帳カードといった公的機関から発行された書類が本人確認書類として認めれます。学生証やクレジットカードなどは、本人確認書類として認められません。

また、いずれの本人確認書類も有効期限内のものに限ります。有効期限が過ぎしまっている書類だと、本人確認書類にはなりません。そして、引越したばかりなどで運転免許証の住所を書き換えておらず、実際に住んでいる場所と免許証の住所が違う場合についてですが、別途現住所を証明する書類が必要になります。たとえば、電気、ガス、水道、NHKの受信料といった公共料金の領収証や携帯電話の電話代の領収証、また住民票の写し、印鑑証明書のいずれかが必要になります。

現住所と免許証住所が異なっていても契約をすることはできるのですが、融資を受けることはできません。現住所が確認できる書類を提出してから融資が受けられるようになります。公共料金の領収書についてですが、請求書でも問題ないキャッシング会社もありますが、ほとんどのキャッシング会社の場合きちんと支払い済みの領収書でなければ不可という会社もあります。支払い済みのものであれば特に問題はありません。審査に必要な書類は、本人確認書類だけでなく収入証明書が必要になる場合があります。

貸金業法により、契約する限度額が50万円を超える場合または他社の借入金額が合計100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になります。収入証明書としては、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、納税証明書、納税通知書、所得証明書などが必要になります。いずれの書類も最新年度分が提出の対象となります。給与明細書に関しては、最新2ヶ月分のが必要となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪人気有り!≫専業主婦でも即日融資!?頼りになる厳選金融! All Rights Reserved.